リスクを受け入れて種類を知る

初期治療の方法とリスク・肺癌の種類

手術で腫瘍を摘出する

初期症状の肺癌の場合でも、メスを使って腫瘍を摘出することがあります。外科的手術で考えられるリスクとは、体への負担が大きいということです。肺癌の初期症状のせいで体力が落ちてしまっている患者にとっては、負担の大きい手術になるでしょう。また、メスを入れて手術をすることでガン細胞を刺激してしまい転移や再発のリスクを高めてしまう可能性もあるのです。
ガン細胞は血中を巡って体の中を巡回しているため手術中に抵抗力が落ちている部分にガン細胞が付着してしまい、増殖してしまう危険があると言われています。再発してしまうリスクの原因は、体が回復しようとした結果、ガン細胞が集中的に集まってしまい再発になる可能性もあるのです。しかし、転移・再発しないようにしっかりと薬などで予防もしていくため必ず転移や再発してしまうというわけではありません。

抗がん剤を使った治療方法

肺癌になった患者の治療方法の中でもメジャーなのが抗がん剤を使った薬物療法です。抗がん剤は、肺癌患者の初期治療でも使われることがあり、患者の体調や病気の症状に合わせて薬を選ぶことが必要です。そのため、患者に合った抗がん剤を見つけるのに半年以上かかってしまう場合もあります。
一種類の抗がん剤を半年間使い続けても効果が無かったというときは、また、違う種類の抗がん剤を使うため薬が見つかるまでに時間がかかってしまい、その間に症状が進行してしまうというリスクも考えられます。

非小細胞肺癌

線がん・扁平上皮がん、大細胞がんという種類があります。この三つの癌ができやすい部分が異なり、発症しやすい人も異なります。例えば、線がんの場合は肺の奥の方に腫瘍ができて女性の発症率が高めと言われています。初期症状などの症状が出にくいため、発見が遅れてしまうという危険性が高い種類です。

小細胞肺癌

小細胞がんは、肺の入り口付近に腫瘍ができやすい種類の癌です。そのため、普段からタバコを吸っている人は発症しやすい病気です。この肺癌は、転移しやすいため初期症状が現れたらすぐに治療が必要になります。

広告募集中